Archive for 12月, 2017

トップページ»

「アメリカヤマゴボウの毒性」□□□□□□□□□□□□□□□□

水曜日, 12月 27th, 2017

対象物□□□□□□□□□□□□□□□□

分類:ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属。
別名:ヨウシュヤマゴボウ、洋種山牛蒡。
学名:Phytolacca americana L.
英名: ポークウィード(Pokeweed)、 Inkberry。

成 分□□□□□□□□□□□□□□□□

硝酸カリ、フィトラッカトキシン(phytolacca toxin)。
phytolaccatoxin:フィトラッカゲニン phytolaccageninをaglycone(非糖部)とする数種の配糖体(サポニン)の混合物。主成分はフィトラッカサポニン E(phytolaccasaponin E )。有毒成分は煮沸により分解される。

一般的性状□□□□□□□□□□□□□□□□

北米原産。洋種山牛蒡-001明治初期に渡来。観賞用に栽培され、野生化した多年草。根は肥大して肉質。茎は直立して上部で分枝。高さ1-2m。無毛、葉は互生で有柄、長さ10-30cm。花は6-9月。総状花序。萼片5。花弁無し。雄蕊10。花柱10。花穂は下に垂れ、宿存萼がある。液果、汁でインクの代用等着色に用いた。
同じ仲間に中国原産と言われるヤマゴボウがあるが、「ヤマゴボウの漬物」として出回っている植物の根は別物。

毒 性□□□□□□□□□□□□□□□□

全体(果実)。全草にサポニンのフィトラッカトキシンを含む。
全草に硝酸カリ、phytolacca toxinを含む。
全草特に根、実。

症 状□□□□□□□□□□□□□□□□

誤食で腹痛、嘔吐、下痢、痙攣を起こし、汁液で皮膚がかぶれる。子供がママゴト遊びで誤飲しないよう見守りが必要。モリアザミの根をヤマゴボウと称する地方は、名前による勘違いからの誤食に要注意。
若芽の頃に良く茹でて水に十分に晒し食用にした結果、多食によって蕁麻疹、吐き気、下痢を起こした例が報告されている。重症になると脈拍が弱くなったり、血圧が異常に降下し、心臓麻痺を起洋種山牛蒡-002こし、時には死亡する事例も見られるとされている。
熟した液果は子供達がママゴトで物を染めるため手を赤くしている。フランスでは赤葡萄酒の着色に利用し、嘔吐や下痢を生じたため禁止されたとする報告も見られる。
果実と根に有毒成分を含み、食べると腹痛・嘔吐・下痢を起こし、ついで延髄に作用し、痙攣を起こして死亡する。 皮膚に対しても刺激作用がある。
嘔吐、下痢、血圧低下、心停止。
症状発現時期:2時間。

処 置□□□□□□□□□□□□□□□□

①胃洗浄、②吸着薬、③下剤、④輸液、⑤対症療法。
牛乳を飲んで吐かせ、活性炭を飲ませる。食べてから時間が経過していて吐いたり、下痢をしているようなら、催吐や下剤の投与は必要ない。水や電解質の補給のため、十分な輸液が必要である。発汗、流涎、下痢、腹痛等のコリン作動性神経刺激症状に対しては、atropinの静注を試みる価値がある。皮膚に付着したときは石鹸で洗い流す。

事 例□□□□□□□□□□□□□□□□

患者はヨウシュヤマゴボウの根洋種山牛蒡-003を採取し、味噌漬け加工を行い、後日それを7名で喫食した。その後、約 2 時間経過して嘔吐症状、診察を受ける。採取した患者はキク科「ヤマボゴウ(モリアザミ)」の詳細な知識は無く、類似した名前であるヨウシュヤマゴボウが、市販されている「ヤマゴボウ」材料と誤認、食中毒に至った。
茨城県で昼食にヤマゴボウの漬物を食べた9人全員が食後2-3時間して嘔気、嘔吐、腹痛等の症状を発現した。これは友人が自宅近くで採った洋種山牛蒡の根を漬物にしたものを貰って食べた結果だった。

備 考□□□□□□□□□□□□□□□□

長野県や山陰地方ではキク科のモリアザミ、フジアザミの根を『ヤマゴボウ漬け』と称して土産物として市販されていることからヤマゴボウは食べられると勘違いしてアメリカヤマゴボウの根を誤食する。

文 献□□□□□□□□□□□□□□□□

 
1)牧野富太郎: 原色牧野日本植物図鑑 I;北隆館,2000
2)藤井伸二・監修:色で見わけ五感で楽しむ-野草図鑑;ナツメ社,2014
3)川原勝征:毒毒植物図鑑;南方新社,2017
4)中井將善:気をつけよう!毒草100種;金園社,2002
5)厚生労働省:食中毒-自然毒のリスクプロファイル:高等植物:ヨウシュヤマゴボウ;
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000079871.html,2017
6)森 博美・他:急性中毒ハンドファイル;医学書院,2011
7)内藤裕史・改訂第2版 中毒百科-事例・病態・治療;南江堂,2011

調査者:古泉秀夫 分類:63.099 記入日:2017.12.23

「ミツマタの毒性」□□□□□□□□□□□□□□□□

月曜日, 12月 4th, 2017

対象物□□□□□□□□□□□□□□□□

ミツマタ(三椏)。
分類:ジンチョウゲ科ミツマタ属
学名:Edgeworthia chrysantha LINDL.
和名:三椏。
別名:三叉、三又。きずいこう(黄瑞香)。さきくさ(三枝)。ペーパーブッシュ。中国語では「結香」(ジエシアン)。
生薬名:黄瑞香。          
花期:3-4月、黄色、赤色の花。果実期:7-8月。                                   

成 分□□□□□□□□□□□□□□□□

クマリン配糖体。刺激生成分。
詳細については不明とする資料も見られるが、クマリン配糖体とする資料が多い。

一般的性状□□□□□□□□□□□□□□□□

三椏-001三椏は枝が三叉状に出るところから。中国原産。慶長年間に渡来し、山地に栽培される。落葉低木。高さ1-2m、枝は三分枝するが、ミツマタの名の由来である。若枝は緑色、有毛。葉は互生、薄く、長さ5-15cm、草落性の葉状の包葉がある。花は早春、新葉に先立ち、蜂の巣に似た頭花を開く萼筒は4裂、外面に柔毛が密生。花弁は無い。雄蕊8、雌蕊1、樹皮は和紙の原料。「三叉の花」は日本においては仲春(啓蟄(3月6日頃)から清明の前日(4月4日頃迄))の季語とされる。冬期には葉を落とす落葉性の低木。樹皮は黄褐色で、強い繊維がある。秋の落葉の頃枝先に苞に囲まれた蕾が垂れ下がり、春先に新しい葉に先だって開花する。
花は早春に葉の出る前に咲き、まり状に集まって枝の端に丁字形に着く。花の筒状部は長さ約7mmで花弁状の萼片で、外側は蜜毛で覆われ白色、内側は黄色である。雄蕊は8個、萼筒の内面に4個づつ上下2段につき、花柱は長く花外に出る。果実は、あずき粒大の痩果が夏に熟す。早春、開花期の花蕾を採取して乾燥させ、生薬として新蒙花、蒙花株という。新蒙花は中国市場に多く見られ、根も薬用に用いる。


毒 性□□□□□□□□□□□□□□□□

三椏-002有毒部位:全株(特に果実)。樹液は皮膚に付くと、皮膚炎を起こすことがある。成分としてはクマリン配糖体と考えられる。
ミツマタの毒成分はクマリン配糖体の一種と言われているが、詳細は不明である。花は香りがあり、部屋に飾られる事もあるが、花輪勿論のこと、全株に毒がある。

症 状□□□□□□□□□□□□□□□□

口内・胃の炎症。大量に摂取すると体が麻痺する。皮膚のかぶれ。又は腹痛、血便、硬直。かぶれ、下痢、腹痛、口内炎、胃炎。
誤食により腹痛、血便、身体硬直等の症状が出る。

三椏-003処 置□□□□□□□□□□□□□□□□

基本的処置(曝露部位の洗浄)、対症療法。

事 例□□□□□□□□□□□□□□□□

特に具体的な事例は確認出来なかった。

備 考□□□□□□□□□□□□□□□□

民間薬では、昔は水虫、タムシに外用薬として使用されていたとされる。今日では殆ど聞かないが、経口服用は不可。

三椏-005

文 献□□□□□□□□□□□□□□□□

1)公益財団法人日本中毒情報センター;保健師・薬剤師・看護師向け中毒情報,http://www.j-poison-ic.or.jp/ippan/M70284.pdf#search,2017
2)佐竹元吉・監:フィールドベスト図書v.16-日本の有毒植物;学研教育出版,2012
3)牧野富太郎: 原色牧野日本植物図鑑 II;北隆館,2000
4)川原勝征:毒毒植物図鑑;南方新社,2017
5)中井將善:気をつけよう!毒草100種;金園社,2002

調査者:古泉秀夫 分類:63.099. 記入日:2017.11.18.