トップページ»

『オモトの毒性』

日曜日, 2月 21st, 2010

対象物

万年青、おもと。大本の意。漢名:万年青(マンネンセイ)、万 年青根(マンネンセイコン)。 英名:lilly of china。

調査者

古泉秀夫

記入日

2006.8.30.

成分

ロデイン(rhodeine)、ロデキシン (rhodexin)またはロデキシンA(rhodexin A)、B、C。ロデアサポニン(rhodeasaponin R6 )。

一般的性状

ユリ科オモト属。学名:Rhodea japonica Roth。本州東海道から九州及び中国の暖帯に分布。山林下にはえ、普通観賞用に栽培する常緑多年草。

室町時代から日本で鉢栽培が行われてきた日本独特の観葉植物。乾燥させたものはマンネンセイ(万年青)と呼ばれ、強心、利尿薬として用いられる。

漢方では、強心、利尿、解毒の効能があり、心不全や浮腫、化膿症、ジフテリア、毒蛇咬症などの治療に用いるが、毒性が強いため、内服や家庭での使用は避け た方が無難である。 用法:民間薬療法では、肋膜炎に根茎のすりおろした物を酢と小麦粉で練って足の裏に貼る方法、葉の絞り汁を乳房のはれやフケに使用する方法、葉を煎じて疥 癬に外用する方法等がある。

毒性

有毒部:全草、特に根茎には有毒成分が多く、ステロイド強心配糖体のrhodexin A、B、C、Dとrhodeineが含まれている。rhodeine、rhodexinにはジギタリス様の強心作用があるが、rhodeineは逆に心臓 に対して抑制的に働く。根茎にはrhodeine、葉にはrhodexin A、B、C。その他rhodeasaponinを含む。死亡例ありの報告。

症状

呼 吸が激しくなった後、緩慢になって運動麻痺に移り、全身の痙攣を惹起する(悪心、嘔吐、頭痛、不整脈、血圧低下、全身麻痺、運動麻痺、呼吸麻痺)。

処置

万年青の毒成分に対して特異的解毒薬・拮抗薬はない。

*基本的処置:服用後1時間以内であれば胃洗浄、活性炭、下剤投与(処置時痙攣発作に注意)。

*対症療法(呼吸困難、呼吸停止):気管挿管し、人工呼吸管理を行う。

*抗痙攣剤投与(ジアゼパム投与、無効であればフェノバルビタール、又はフェニトイン)。

*強制利尿。

事例

「毒というなら若だんな、九兵衛の庭にこんなものがありましたよ」

庭先から姿を現したのは、蛇骨婆で、一見白髪頭の老婆のように見えるが、よく見るとおよそ老人とは思えない肌艶だ。差し出したのはやや幅広の葉の鉢植え。よく庭先で見る植物だった」

「これは万年青じゃないか」 「こいつは一部を摺り下ろして飲ませると、人にはようく効く毒となるんですよ」

「へぇ………」

馴染み深い草で人殺しが行われたかもとの言葉に、若だんなは感心した声を出した。するとどこで聞いていたのか、我も褒めて欲しいとばかりに妖達(あやか したち)が次々に現れて、怪しげな草木の話を離れに持ち込んできた[畑中 恵:ぬしさまへ;新潮文庫,2001]。

備考

何せ病弱な若だんなとそれを取り巻く妖達の共同作業で話は展開していくため、何が出てきてもおかしくはないが、今回、蛇骨婆なる妖が持ち出してきたのは、鉢植えの観賞用植物としてよく知られている『万年青』である。

万年青が含有する成分は、ステロイド強心配糖体で、ジギタリス様作用の強心作用を示すと報告されているが、含有成分であるrhodeine、 rhodexinの個別の毒性について、半致死量等の具体的な数値は検索できなかった。万年青根の乾燥品を漢方薬として使用するとする一方で、内服での使用は毒性が強いため避けるべきとする報告が、幾つかの資料で散見されるが、具体的な毒性 の報告はされていない。従って、万年青の致死量が分からないため、果たして殺人の道具として使用できるかどうかについては、残念ながら確認できなかった。

文献

1)牧野富太郎:コンパクト版1-原色牧野日本植物図鑑I;株 式会社北隆館,2003

2)海老原昭夫:知っておきたい身近な薬草と毒草;薬事日報社,2003

3)海老原昭夫・編著:知っておきたい毒の知識;薬事日報社,2001

4)田中 治・他編:天然物化学 改訂第6版;南江堂,2002

5)鵜飼 卓・監修:第三版 急性中毒処置の手引き;薬業時報社,1999

6)相馬一核・監修:イラスト&チャートで見る急性中毒診療ハンドブック;医学書院,2005